shikakusyutokutsushin

コールドプロセスソープとは一ヶ月以上自然乾燥をさせた後、熟成させる石鹸を指します。普通の石鹸はアルカリと油脂で作成しているのが主ですが、コールド製法は熟成させる為、手間と時間のかかる石鹸となっています。
最近ではオーガニック石鹸など肌に優しい石鹸も多く週通しています。肌の悩みを持つ人は多く、自分に合った石鹸を求めるケースが多くなったことが伺えます。
手作り石鹸の良い所は製法はもちろんですが、使用するオイルや香りを自分好みに作れることが一番ではないでしょうか。
乾燥肌やオイリー肌、乾燥によるオイリー肌など悩みは人それぞれです。一番適した石鹸が市販されていることはそうそうありません。
自分で作る石鹸にハマる人が多いのはそう言ったデリケートな問題解決の近道と感じる場合が多いからのようです。

肌の悩み解決、癒し効果を求めて

石鹸に求める効果は人それぞれ違い、また朝や夜、お風呂場でそれぞれ専用の石鹸を使用するという方もいます。
しかし基本的には美肌効果や癒しを求めるというのは大前提です。保湿効果や洗浄力など求める効果は違っても「美肌になりたい」という共通点があります。また香りを楽しむリラックス効果を求める方も多くいます。
美肌に基本の洗顔は欠かせません。毛穴に汚れが詰まっていてはトラブルの元にもなりますし高価な化粧水も浸透せず無駄になってしまいます。毛穴の汚れはしっかり落とす必要がありますが、洗浄力の強い石鹸は刺激が強くかえってトラブルになる場合もありますよね。
いくら良い石鹸でも香りが好きじゃないという場合も考えられます。
石鹸選びは失敗したくないという方がほとんどですが、市販の石鹸から自分にぴったりのものを見つけるというのは意外と難しいものです。
そこで求める効果に合った材料、お気に入りの香りなど自分に一番合った自作の石鹸が注目されています。

コールド・プロセスソープマイスター認定試験の口コミ

「自分で作った石鹸は市販の物と使用感が全く違って石鹸作りにハマった。極めたいと思い資格の勉強をした。」
「手作りの石鹸を使ってから同僚から肌がきれいになってると言われるようになった。気付いてくれた同僚にもプレゼントしたいと思い更に勉強しようと思った。」
「肌荒れに悩み、美肌にはまず洗顔とテレビで紹介されていたので思い切って作ってみました。市販の石鹸は私には刺激が強く赤くなってしまっていたので刺激の弱い、更に保湿を考えたものを作りました。コールド製法も私の肌に一番合っていたのでもっと知りたいと思いました。協力してくれた友達にもプレゼントしたいです。」
このような口コミが寄せられていました。
肌トラブルに悩んだ経験を持つ方や、もっときれいになりたいと思う方からの受験が多いようです。またプレゼントしたいと考える方が多いことも印象的でした。
肌トラブルの改善や美容に関心のある方に特におすすめの資格と言えるようです。

コールド・プロセスソープマイスター認定試験の概要

コールド・プロセスソープマイスターは日本デザインプランナー協会が主催する認定資格です。
受験資格は特になく、知識があれば誰でも資格に挑戦できます。受験の申し込みは日本デザインプランナー協会のホームページから行う事ができます。
受験料は一万円で、試験は在宅受験方式が採用されていることも挑戦しやすいと人気の理由の一つになっています。
合格基準は70%以上の評価となっていますので、しっかり勉強して準備をしてから試験に臨みましょう。
美容に興味のある方、人に喜ばれるプレゼントをしたい方など、興味がある方は資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事