shikakusyutokutsushin

認定試験とは、日本デザインプランナー協会が認定する試験です。

その試験の内容や受験方法等をまとめました。

・日本デザインプランナー協会とは?

日本デザインプランナー協会は、日本デザインプランナー協会は、デザイン技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関です。

キャンドルデザインマスター認定試験はこの日本デザインプランナー協会が提供している数多くある資格の中の一つです。

今回はキャンドルデザインマスター認定試験について着目してその試験内容などをチェックしてみましょう。

・キャンドルデザインマスター認定試験とは?

近年では、世の中に流通している既製品よりもオリジナルの作品が好まれる傾向があります。

ハンドメイドブームがその傾向をより表していると思います。

そのハンドメイドブームの中でもキャンドルという分野はとても人気を博しています。

おしゃれなキャンドルは様々なライフイベントで活躍しますね。女性の中でも、よりオリジナルなキャンドルを作りたい、

クオリティの高いキャンドルを作って商売にしたいと思っている方も多いです。

しかし、キャンドルを作りたいと思ってもその専門的な知識やスキルがなければなかなか思い通りにいく作品も作れないと思います。

キャンドルデザインマスター認定試験では、キャンドルに必要な材料や種類だけでなく、具体的な作り方レシピなども試験内容に含まれています。

キャンドル作りの知識を身につければ、趣味としてのキャンドル作りの幅が広がるだけでなく、商品として売買できるスキルを身に付けることができます。

この試験を上記の日本デザインプランナー協会の監修のもと、受験することになります。

・試験を受けるには?

日本デザインプランナー協会のHPにアクセスし、インターネットによる申し込みを完了させます。

申し込みが完了すると、協会から問題用紙・回答用紙などが送付されますので、こちらを代金引換等の方法で配送スタッフと引き換えてください。

希望の受験日で受験したのちに、返信用封筒により協会に返送します。

約2ヶ月に一度の定期的な試験を開催しています。

試験にを受けるための資格等は必要ないので、誰でも受験できます。

・どんな試験方法なの?

筆記試験にて行われます。

70パーセントの合格ラインをクリアすれば、晴れて合格となります。

・受験料はいくら?

受験料金は10,000円になります。

・合格後は?

認定証を希望により発行しています。資格取得後は、趣味の範囲だけでなく副業のための作品作りに役立てることができます。

ハンドメイド専用の通販サイト等もたくさんあるため、資格を活かす機会もたくさんあります。

・口コミ評判について

最近ではアロマキャンドル等もとても人気ですね。香りのするオリーブなどを入れたキャンドルですが、リラックス効果が高いとされています。

キャンドルデザインマスター認定資格を取得すれば、様々な種類のキャンドル作りに生かすことができるでしょう。

実際に資格取得された方の声として

・「プレゼントしてのキャンドル作りが好きだったけど、まさか商売になるとは思わなかった」という声や

・「体に優しいキャンドルの作り方がよく分かった」等の声があるようです。

・まとめ

2ヶ月に一度の定期的な試験であるため、忙しい会社員の方などでも比較的気軽に受けられる試験となっています。

ディナーキャンドルやジェルキャンドル等、種類がたくさんあるわけですが、女性はよりデザインの面でオンリーワンの作品を目指しています。

よりオリジナルな作品を作るためには、こういった資格を取得しておくのも一つの手だと思います。

おすすめの記事