shikakusyutokutsushin

キャンドルアドバイザー認定試験とは、日本インストラクター協会が認定する試験です。

その試験の内容や受験方法等をまとめました。

・日本インストラクター協会とは?

日本インストラクター協会は、教える力を中心とした技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定するものです。

キャンドルアドバイザー認定試験はこの日本インストラクター協会が提供している数多くある資格の中の一つです。

今回はキャンドルアドバイザー認定試験について着目してその試験内容などをチェックしてみましょう。

・キャンドルアドバイザー認定試験とは?

ハンドメイド工芸品などが人気を博している昨今ですが、その中でも女性の中でオリジナルキャンドル作りが突出した人気を呼んでいます。

趣味の範囲だけでなく、商売としてのキャンドル作りも多く行われています。

そういった現状の中、キャンドルに関する知識や技術を身につけたいと思っている方は少なくありません。

現状では、キャンドル作りに関する知識や技術を伝える能力を持った人間はまだまだ人材不足であり、こういった資格を取得すれば、

キャンドル作りに関するさまざまなシーンで活躍することは間違いないでしょう。

キャンドルの知識やキャンドル作成技術に関する資格としてキャンドルデザインマスター認定資格などがありますが、

キャンドルアドバイザー資格に関しては、キャンドルに関する知識や技術を他人や他社に教えるための資格といえます。

そのため、よりビジネスシーン向きの資格ともいえます。資格取得後は、インストラクターとして講師活動などを行える資格ですね。

この試験を上記の日本インストラクター協会の監修のもと、受験することになります。

・試験を受けるには?

日本インストラクター協会のHPにアクセスし、インターネットによる申し込みを完了させます。

申し込みが完了すると、協会から問題用紙・回答用紙などが送付されますので、こちらを代金引換等の方法で配送スタッフと引き換えてください。

希望の受験日で受験したのちに、返信用封筒により協会に返送します。

約2ヶ月に一度の定期的な試験を開催しています。

試験にを受けるための資格等は必要ないので、誰でも受験できます。

・どんな試験方法なの?

筆記試験にて行われます。

70パーセントの合格ラインをクリアすれば、晴れて合格となります。

・受験料はいくら?

受験料金は10,000円になります。

・合格後は?

認定証を希望により発行しています。資格を取得すれば、講師活動やインストラクターなどでの派遣のお仕事が受注できるようですね。

・口コミ評判について

近年では、キャンドル作りのためのスクールなども各地で開催されており、趣味だけでなくビジネスとしての側面を持っています。

実際に資格取得された方の声として

・「人に教えるための資格ではあるが、自身のキャンドル作りに役立った」という声や

・「今まで趣味だったキャンドル作りが、ビジネスとして成り立った」等の声があるようです。

・まとめ

2ヶ月に一度の定期的な試験であるため、忙しい会社員の方などでも比較的気軽に受けられる試験となっています。

最近では、お金を払ってキャンドルを専門的に習いたい!と思っている女性も多いです。

そういった現状を踏まえると、キャンドルアドバイザー認定資格は需要の高い資格ともいえるでしょう。

おすすめの記事