shikakusyutokutsushin

お掃除や料理、洗濯や収納といった日常行う家事の資格が全体的
に人気を博しています。
生活を良くするためには収入を向上させる事が一番効果が高い事
ですが、経済全体の流れを見るとどうにもそう簡単には行かないも
ので、いくら景気が上向いてきていると言われても我々末端にその
恩恵が降りてくるとは限らないものです。

そこでまず自分の身の回りの事をしっかり整えられるように知識や
資格をとろうという気勢が強まっており、特に若い世代でこういった
資格取得への意欲が高まっている現状があります。

今回はその中でもキッチン周りにクローズアップした資格をご紹介
していきます。

1位 キッチン心理カウンセラー

食事は人間が毎日行う行為で、それに付随する調理の場である
キッチン周りの環境を考える事は、些細なストレスを除去する事に
繋がりますね。
主婦の方の悩みを見てみると、毎日の献立を考える事や調理が
家事の中でも一番面倒だと思っている方が多いとの結果が出てお
り、キッチン周りのストレス軽減は重要なポイントですね。

この資格はそういったキッチン周りの環境を心理学を応用して整え
ていこうというもので、カウンセラーとして活動するためのものです。

心理学とは言いましたが、受験資格に心理学系の専攻は必要ない
ためご安心を。受験したいと思う方なら誰にでもチャレンジできる
試験のため、在宅受験である事も相まって人気の資格です。

主婦の方を中心に人気が出ているもので、取得者の中には近所
の主婦仲間に知識を披露して尊敬を集めている主婦の方もいる
との口コミ評判を見ることができます。

2位 キッチン心理アドバイザー

日本インストラクター協会(JIA)が主催している認定試験の一つです。
こちらはより他者への指導を重視した資格となっており、例えば飲食
業界のチェーン店の厨房等の配置、内装に関してアドバイスする職務
を行う際に有用となっているため、そういった業界で働く人の取得が
目立つ人気の資格です。

飲食業界は人手不足で度々話題になる業界なのは周知の事実です
が、その原因の一つはやはりストレスが主なものになります。
接客がメインのホールでは接客がメインとなりますが、それはそれで
ストレスの原因は掃いて捨てるほど存在しますし、厨房は厨房でスト
レスを溜め込んでしまいがちな業務が多いものです。
ですので、こういったキッチン周りの環境を心理的な面から考えてい
くことは企業としても重要視している要素と言えるでしょう。

3位 キッチンスペシャリスト

こちらはインテリア産業協会が主催している資格となっています。
この資格は心理的な要素はゼロで、物理的なキッチンの機能や設備
を考慮してキッチンを構築していく能力を問われるものとなっています。
ですので、建築や施工に関する補助知識として活用する事がメインに
なるため、建築業界で活躍を望まれる方に取得が推奨されるものです。

試験内容も筆記と実技の二つの試験に分かれており、比較的難易度
が高めの設定のため、自信のある方にはオススメできます。

日々の調理の場であるキッチンに関する資格でした。
まず行動をする場を整える事は万事に通じるものがありますので、生
活環境を改善していきたいという方はチャレンジしてみてくださいね。

おすすめの記事