shikakusyutokutsushin

キッチン心理と聞いてもピンとこない方も多いかと思いますが、キッチンに立った時に不便さに苛立ち不快感を感じるというと分かりやすいでしょうか。
家事を行う方はほとんど毎日キッチンに立ちます。毎日のこととなるとその不快感は日毎増していくという方は思っているより多く存在します。
この資格ではその時に感じる心理的な不快感を軽減する知識を学び、その知識を必要とする方に教え、アドバイスができる力を身に付けることができます。

不便さ、不快感をなくすツールの普及

システムキッチンに憧れているという方も多いのではないでしょうか。
憧れる理由としては利便性や機能性、見た目の美しさが多く挙げられます。
決して安価ではありませんが、その理由から購入を考える方は多くいます。それだけキッチンでの不便さはストレスの原因と考える方の多さが浮き彫りになっているといえます。
システムキッチンの他にもキッチンに関連する便利グッズはいたる所で販売されているのを目にします。
便利グッズの他にも見た目に可愛い癒されるというものを選ぶ方も少なくはありません。
そういった便利グッズや癒しアイテムを使うことでより快適に生活できるように工夫する方は多くいます。
また、工夫したいと思っていても上手く活用できないという方も多く、キッチン心理アドバイザーはそういった方にどう工夫すれば快適になるかをアドバイスしてくれる強い味方となってくれます。

キッチン心理アドバイザー認定試験の口コミ

「キッチンに立つのが楽しくなった」
「調理から片付けまで短時間でできるようになり毎日のストレスが大きく軽減した」
「家事の中でご飯を作るのが一番ストレスを感じていたので機能性に優れたキッチンについて勉強した」
「飲食関係の仕事をしているが、職場のキッチンをきれいに機能的にすることができ、お客様から見える部分を上手に使えるようになった。また、スタッフからも仕事が捗ると高評です」
「講師としてキッチンに立つのが苦痛という方にアドバイスし、力になれていると実感しています」
口コミの中のほんの一部ですが、こういった声が寄せられていました。
料理が趣味や仕事で、という方や、キッチンに立つのが苦痛という方まで様々な方が受験しているのが印象的でした。
また講師として活躍する方も多く、やりがいを実感しているとの声が多く寄せられていました。

キッチン心理アドバイザー認定試験の概要

キッチン心理アドバイザーは日本インストラクター協会が主催する認定資格です。
日本インストラクター協会は教えることができる知識、能力を中心とした各スキルを認定する団体です。
試験は在宅受験形式が採用されていますので、申し込みから資格取得まで全て済ませる事ができることから、忙しい現代人や会場から遠方に在住する方にも挑戦しやすいと人気の理由の一つになっています。
通信講座も充実しており、卒業課題を提出することで卒業と同時に資格取得が可能なものもあるので、勉強方法に迷った時などは調べてみるのも面白いかと思います。
資格取得後は講師として活動することもできますので、独立したいと考える方にもオススメの資格と言えます。
試験に関する詳しい情報や、受験の申し込みなどは「日本インストラクター協会」のホームページから行う事ができます。
興味のある方は資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事