shikakusyutokutsushin

健康的な日常生活を送る上で、食事は非常に重要な要素です。食事を作るキッチンはそんな健康的な生活を送る為にとても大切な空間です。
様々な食材を調理し、美味しく体へと栄養を補給する事が重要であるという事は多くの人が理解しています。
そして食事は体の健康以外にも心の健康にも大いに貢献する要素でもあり、キッチンにおける利便性や機能性は日々の生活を心身共に健康で快適に過ごす為の重要な空間といえます。

キッチン心理カウンセラーとは

大人になるとよく聞く「健康第一」「体が資本」という言葉の重みを強く実感する場面が増えた、という方も多くいらっしゃるかと思います。
子供の頃とは違い、いつもより優しいお母さんに看病してもらえるわけでもなく、学校のように簡単に休めるというのも少ないですよね。
一日休むのも会社勤めの方ならなかなか難しい場合も多いですし、小さな子供がいる主婦の方などもゆっくり寝ているわけにはいかないという方も多いかと思います。一人暮らしで高熱で寝込むのも看病してくれる人もいない状態で、ご飯も自分で準備したりと何かと切なさを感じますよね。
毎日の食事は健康に大きく関係するのは多くの方が理解していますが、忙しい、面倒くさい、など様々な理由でキッチンから遠ざかってしまうという方も多いかと思います。
しかし、忙しい現代だからこそ自分の健康は自分で守る必要があります。
キッチンを心理学に組み込み、心身の回復を目的とするキッチン心理カウンセラーは、健康的な生活において非常に重要ながら敬遠されがちなキッチンを快適にする知識と心理学の知識を活用し手助けしてくれる存在です。
快適なキッチンで心の悩みや精神的な不安などを解消し、心身の健康に導くキッチン心理カウンセラーは「健康第一」「体が資本」の現代にぴったりの資格といえます。

キッチン心理カウンセラー認定試験の口コミ

受験される多くの方はキッチンに立つ機会が多く、主婦の方や飲食関係のお仕事をされている方が目立ちました。
またキッチン心理以外のカウンセラーとして活躍されている方も、「カウンセリングの幅が広がる」として資格を役立てている事も印象的でした。
カウンセラーとして資格を受験する方もいれば、家族の為に主婦の方が受験されたりと、応用の幅が広い資格のようです。
キッチンを使う仕事をされる方は快適な環境を作り、お客様やスタッフに喜ばれているとの口コミでした。
キッチンは生活する上で切っても切れない空間です。そのキッチンを整え、心身の健康を考え、カウンセリングする資格は現代において企業や家庭などに需要があり、キッチン離れしている今後もますます需要は高まると予想されています。

キッチン心理カウンセラー認定試験の概要

キッチン心理カウンセラーは日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する認定試験です。
日本アロマメディカル心理セラピー協会とは心のケア・癒しを与える資格を取り扱い、能力が認められた方に資格を発行している団体です。
心のケアや癒しは昨今でも非常に需要も人気も高いジャンルとなり、団体自体も高い評価、注目を集めています。
キッチン心理カウンセラー認定試験は受験資格も特になく、知識があればどなたでも資格取得に挑戦できます。
試験は在宅受験形式が採用されており、忙しい方や遠方に在住される方にも挑戦しやすく、人気の理由の一つになっています。
資格は一生ものです。取得して損になることもないので興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事