shikakusyutokutsushin

カフェオーナースペシャリスト認定試験は日本安全食料料理協会が認定する試験です。

その試験の内容や受験方法等をまとめました。

・日本安全食料料理協会とは?

日本安全食料料理協会は、食品・料理の技術の理解や食育を通しての各スキルの水準がある一定以上であることを確認し認定するものです。

カフェオーナースペシャリスト認定試験はこの日本安全食料料理協会が提供している数多くある資格の中の一つです。

今回はカフェオーナースペシャリスト認定試験について着目してその試験内容などをチェックしてみましょう。

・カフェオーナースペシャリスト認定試験とは?

カフェオーナーになりたいと思った時、どんな準備が必要になるでしょう?

開店資金や店舗の場所、間取り、スタッフ、コーヒーの知識・コーヒの淹れ方等様々な準備が必要かと思います。

そして、なにより大切なことは「お客様に喜んでもらえるお店を構える」ことにあると思います。

美味しいとお客様に認められなければ、いくら立地が良くても客足は遠のきます。しかし、その逆もしかりです。

美味しいと認められても居心地の悪いカフェでは安らぐことができません。

カフェオーナースペシャリスト認定試験では、カフェ経営に関する基本的事項について問題が出題されます。

この試験を取得できればカフェ開店に向けての知識は整っていると考えてよろしいかと思います。

コーヒーマイスター認定試験というコーヒーに関する知識を認める資格もありますが、同時に取得されるのもいいでしょう。

美味しいコーヒーと良い戦略、2つが同時に折り合わさって人気のあるカフェが出来上がるでしょう。

この試験を受験したい場合は、上記の日本安全食料料理協会の監修のもと、受験することになります。

・試験を受けるには?

日本安全食料料理協会のHPにアクセスし、インターネットによる申し込みを完了させます。

申し込みが完了すると、協会から問題用紙・回答用紙などが送付されますので、こちらを代金引換等の方法で配送スタッフと引き換えてください。

希望の受験日で受験したのちに、返信用封筒により協会に返送します。

約2ヶ月に一度の定期的な試験を開催しています。

試験にを受けるための資格等は必要ないので、誰でも受験できます。

・どんな試験方法なの?

筆記試験にて行われます。

70パーセントの合格ラインをクリアすれば、晴れて合格となります。

・受験料はいくら?

受験料金は10,000円になります。

・合格後は?

認定証を希望により発行しています。資格を取得すれば、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

・口コミ評判について

・「飲食業界に勤務しているが独立に向けて資格取得した」

・「開店したカフェに認定証を飾っているが、コーヒーのプロとしての格が上がったと思う」

といった声があるようです。

・まとめ

2ヶ月に一度の定期的な試験であるため、忙しい会社員の方などでも比較的気軽に受験することができます。

多くのカフェが名を連ねている現在では、生半可の戦略でライバル達に太刀打ちできません。

しっかりと知識を身に付けた上で開業するためにはこういった資格取得を機会にしてみるのがいいでしょう。

おすすめの記事