カクテル

カクテルコンシェルジュ認定試験とは?

カクテルコンシェルジュ試験とは、カクテル作りに必要な技術と知識を持った人に与えられる資格です。カクテルは、シェーカーやグラスでリキュールを混ぜ合わせたり、リキュール同士の相性を考えたり、非常に奥深い種類のお酒です。基本的なカクテルのレシピなどは、今やインターネットなどでも学ぶことができますが、本格的にカクテルを作るためには、リキュールの種類や成分、道具の使い方など、専門的な知識が必要となります。カクテルコンシェルジュ試験は、カクテル作りの応用に役立つ、カクテルのレシピの知識や道具の選び方、リキュールの種類など、カクテルに関する様々な技術や知識を求められます。

カクテルコンシェルジュ試験はJIA日本インストラクター協会が認定している資格です。カクテルに関する様々な知識や技法を学ぶことができます。資格取得後は、趣味でカクテルを楽しむだけでなく、実務にも役立てることができます。バーテンダーや飲食店など、カクテルを扱う業種への就職はもちろん、カクテルコンシェルジュ認定試験の資格を活かして、自宅で教室を開いたり、カルチャースクールの講師などとしても活動することができます。

カクテルコンシェルジュ認定試験を受験した人の口コミと評判

「バーテンダーの仕事に就いていますが、カクテルコンシェルジュの資格を取得する事で、これまで以上に自分のカクテルに自信を持つことができるようになりました」

「趣味で自宅でカクテルを作っていましたが、カクテルコンシェルジュ認定試験を受験する事で、それまで知らなかった知識や技術が身に付き、これまでよりもっとカクテル作りが楽しくなりました。これからはオリジナルカクテルも作ってみたいです」

「飲食店で働いていますが、カクテルコンシェルジュの資格を取ってカクテルの知識がついたので、お客様にカクテルをおすすめできるようになり、仕事の役に立ちました」

カクテルコンシェルジュ認定試験を受けたことで、バーや居酒屋など、お酒にかかわる仕事に役に立ったという口コミが多く、実務にも非常に役立つ資格のようです。また、趣味でカクテルを自宅で作っている人にも、カクテル作りの技術や知識が身に着くカクテルコンシェルジュ認定試験はとても有意義な資格と人気です。

カクテルコンシェルジュ認定試験を受験するには

カクテルコンシェルジュ認定試験は、偶数月(2・4・6・8・10・12月)に開催されています。定期的に試験が開催されているので、受験のチャンスが多く、自分のタイミングに合わせて受験できるので便利です。カクテルコンシェルジュ認定試験は、受験資格は特にありません。申し込みはインターネットで行います。受験料は10,000円(税込み)です。試験は在宅で行うため、普段家で勉強しているのと同じ環境で受けることができます。

カクテルコンシェルジュ認定試験の難易度と合格ライン

カクテルコンシェルジュ認定試験の合格ラインは70%で。試験範囲は、カクテルの作り方や知識についての幅広い分野から出題されます。実際にカクテルを作るために必要な知識や技術を持っているかを問われるため、実務的な内容が出題されるのが特徴です。出題範囲は広いですが、難易度は比較的易しく、カクテルを趣味で楽しんでいる初心者でも、受験しやすい内容となっています。

試験に際して、カクテルを作る際のアルコール度数の調整方法や、カクテルならではの美しい色を出すためのリキュールの選び方といったカクテル作りの基本の内容はしっかり押さえておきましょう。また、卵や生クリーム、スパイスを使った特殊なカクテルの作り方やノンアルコールカクテルの作り方、季節に合わせた素材の選び方も出題されます。カクテル作りに必要な道具や材料を選ぶためのポイントや、自宅でカクテルを楽しむ際の注意点なども出題されるため、趣味でカクテルを楽しむ人にとっても役立つ内容となっています。
カクテル  カクテル

おすすめの記事