エスニック

エスニック料理とはどこの料理でしょうか。すぐに具体的にどこの料理か言い当てられる人はほとんどいないでしょう。というのもエスニック料理というのは特定の国の料理を指すものではないからです。エスニックとは「民族的な」「民族の」などの意味があり、日本でいうところのエスニック料理はベトナム、タイ、インドなど西アジア、東南アジア、中近東の国々の料理全般を指します。このように広い意味の言葉です。今回ご紹介する資格を取ることで、アジア諸国の様々な料理の特徴などを広く学ぶことができるので、料理のレパートリーを広げたい、飲食業の仕事にエスニック料理を取り入れたい、単純にアジアの国々の料理ことを知りたい方におすすめです。

ここではそんなエスニック料理の人気資格をランキング形式でご紹介します。

1位 エスニック料理ソムリエ

エスニック料理ソムリエは日本安全食料料理協会が主催する資格です。エスニック料理はとても広い意味を持つ言葉で、エスニック料理ソムリエの資格では、例えばアジア、アフリカ、中南米、北欧の料理など非常に幅広い知識を持つことの証明になります。各地域、各国の歴史や宗教、食文化や定番料理などの知識はもちろん、直材や調味料の使い方といった具体的な技術も問われます。

エスニックといっても今までインドネシア料理やベトナム料理などのアジア料理くらいしか知らなかった方でも、エスニック料理ソムリエ資格を取得することでモロッコやメキシコ、フィンランドの料理を学ぶことで料理のレパートリーを一気に広げることもできます。

エスニック料理ソムリエ資格の取得後は、料理の幅が広がり、家族や友人においしいエスニック料理をふるまえますし、自宅でエスニック料理の教室を開いたり、カルチャースクールなどで講師として活動することができます。またエスニック料理を扱う飲食店で働く時にも役立ちますし、レシピ開発や新料理の研究などにも深く役立てることができます。趣味と生活、仕事に役立てることができる大変おすすめな資格です。

エスニック料理資格試験は受験資格が特にないのでどなたでも気軽に受けることができます。受験料金は10,000円(消費税込み)でインターネットから簡単に申し込むことができます。試験は自宅などで受けることができるので、わざわざ遠出して試験会場までいかなくてはならない、ということはありません。そして試験は2か月に1度実施されるので都合のいい時期に合わせて受けることができます。

2位 アジア料理インストラクター

アジア料理インストラクターは日本インストラクター技術協会が主催する資格です。アジア料理という名前ではありますが、実際はエスニック料理全般の幅広い知識を扱います。ベトナム、マレーシアなどのアジア料理はもちろんナイジェリアやセネガルといったアフリカ料理、ペルーやチリなどの中南米料理。デンマーク、フィンランドなど北欧料理も取り扱われます。アジア料理インストラクターの資格では、それらの国々の食材の知識を学び、レシピを知り調理方法を理解していることが証明されます。

外国の料理を知ることは、その国の食文化だけでなく、広い意味での文化を知る手助けにもなります。今まで名前を聞いたことがあるだけだった国の料理を実際に知り作って食べていうことは、単純に知識を身につけるだけではなく貴重な教養となります。そこで興味を持った国に実際に行ってみるということにもなるかもしれません。

資格取得後はアジア料理インストラクターとして自宅やカルチャースクールなどで講師活動することができます。

アジア料理インストラクター資格試験も受験資格は特にないのでどなたでも受験可能です。受験料は10,000円(消費税込み)とリーズナブルです。インターネットからの申し込みが可能で、受験方法は在宅受験となります。試験は70%以上の評価で合格となります。試験実施は2カ月毎なので、お仕事などで忙しい方でも都合がつく時期に合わせて受験することができますのでおすすめです。
エスニック料理資格エスニック料理資格

おすすめの記事