インド

インド料理と聞くとどんなものをイメージするでしょうか。日本ではカレーライスやナンなどが特にイメージしやすいでしょう。インドは長い歴史と奥深い文化、たくさんの宗教、民族が住む広大な国です。そのためカレーやナン以外にもインド料理はたくさんの種類があります。今回はそんなインド料理やインドの文化に興味のある方にインド料理の資格をランキング形式でご紹介します。

1位 インド料理ソムリエ

インド料理ソムリエ資格は日本安全食料料理協会の主催する資格です。インド料理の作り方や、材料、スパイスの知識などが問われます。

インド料理はインド半島で食べられている伝統的な料理で、様々な種類、調理法があります。その多くはスパイスを用いています。

日本でインド料理というとカレーライスやナン、タンドリーチキンをイメージされることが多いです。それ以外にもインドには伝統的な料理はたくさんのバリエーションがあり奥が深いものです。インドは歴史のある国ですから興味深い話もたくさんあることでしょう。インド料理ソムリエの資格で得たそのような知識や調理法は日常生活や仕事に役立てることができます。

インド料理ソムリエの受験資格は特になく、どなたでも受験することができます。受験料は10,000円(消費税込み)でインターネットから申し込むことができます。在宅での受験が可能で、試験は2か月毎に実施されます。このように気軽にどなたでも、お忙しい方でも都合のいい時期を選んで受験することができますから大変おすすめです。

資格取得後は身につけたスパイスや調理法の知識を使っておいしいインド料理やアレンジ料理を作って楽しんだり人にふるまって喜んでもらうことができます。インド料理が好きな方におすすめの資格です。

2位 インド食文化インストラクター

インド食文化インストラクターの資格は日本インストラクター技術協会が主催する資格です。インド料理の成り立ちたインドの食文化、たくさんのバリエーションがあるインド料理などの知識が問われます。インド料理の歴史や、宗教との関わり、食事作法などの役立つ知識はもちろん、日本や他の国とインド料理の関係性などの知識を持っていることの証明にもなります。

資格取得後はインド食文化インストラクターとして、ご自宅やカルチャースクールなどで講座を開講し講師として活動することができます。

インド食文化インストラクターの資格も受験資格は特にありません。どなたでも気軽に受験することができ、受験料は10,000円(消費税込み)です。インターネットから簡単に申し込むことができ、自宅などで受験することができます。試験は2か月に1度行われるので、都合の合うときを選んで受験することができます。

人にインドの食文化を伝えたり、自身の教養としてインドの食文化を学ぶことは非常に有意義なことです。インドの食文化に興味があり、幅広い知識を身につけたい方におすすめの資格です。

3位 カレーマイスター

カレーマイスターは日本野菜ソムリエ協会が主催する資格です。カレーはインド発祥のスパイスを用いた料理で、現代では日本人の生活に欠かせない食事となっています。普段私たちは当たり前のように食べているカレーですが、実はとても奥が深い食事です。

カレーの知識や作り方の知識を身につけ、スパイスの特徴と体への影響や効果を知り、より健康的でおいしくカレーを楽しむことを目的としています。飲食業界の方にとっては、お客様にもっと喜ばれるカレー作りや、価値のある商品、レシピ開発に役立てることができます。

カレーマイスターの資格はカレーを極めたい方、カレーを愛している方、スパイス料理に役立てたい方、飲食店でカレーやスパイスの知識や技術を活用したい方に特におすすめです。

カレーマイスターの資格は専用のカリキュラムを受講し、試験に合格することで得られます。カレーマイスターコースの受講料は総額で48,000円(消費税込み)です。全4回の講座を受けられた後に修了試験に合格する必要があります。

カレーが好きで料理や仕事に活かしたい、社会にカレーの楽しさや奥深さをもっと広めたい方におすすめの資格です。
インド料理資格インド料理資格

おすすめの記事