shikakusyutokutsushin

お部屋を自分好みに作っていくのって楽しいですよね。
お部屋作りを楽しんでいる方は多くいらっしゃると思いますが、やっていくうちに
インテリアに関して詳しく学んでみたいと思う方もいるのでは?と思います。

かと言って手を出すには少しハードルが高く感じてしまいがちな世界ですが、
誰でも取得ができる資格も中には存在するのをご存知でしたでしょうか。
確かに難易度が高いものですと受験資格に専門学校の卒業課程ですとか、
仕事としての実務経験が数年必要なものがあったりするため、受験すらでき
ないものもありますが、敷居の低いものもあるんですよ。

今回はこういった敷居の低いものを含めたインテリア関係の資格をランキング
にしてご紹介していきます。

1位 インテリアデザイナー

日本デザインプランナー協会という団体が主催している認定試験で、門戸が
広く開かれている試験として徐々にその認知度を上げている資格です。

インテリアに関する商品知識ですとか販売知識を求められるため、どちらか
というとそういった業界で働きたい人に向けた資格ですね。実務に即した知識
を求められますので、実用性が非常に高いものと言えるでしょう。

こちらは受験資格が特にないため、誰でも受験が可能になっています。
知識の学習は必要ですが、逆に言えば知識さえあればすぐにでも受験して
資格を取得できるという事ですので、すぐにでも取りたい方には特にオススメ
できますね。

2位 インテリアアドバイザー

こちらも実践向きの資格として評価が高いものです。
お客様と直に接して、助言やアドバイスを行っていくのが主な職務となる為、
接客に関する知識も同時に求められる、より実際の業務に強い武器として
使える資格となっています。

ショールーム等で働いている方の取得が多くみられる資格で、お客様に与え
る信頼感の一つとして、目に見える技術や知識としての資格取得をされたという
方が大半となっています。
こちらも受験資格がないため、インテリア関係の資格の第一歩として考えて
取得をする方が多くいるようですね。

3位 インテリアプランナー

建築技術教育普及センターが主催しています。
建築士の認定試験を執り行う団体の為難易度が非常に高い事で知られます。
その分実効力やネームバリューといった面でも高い効果が期待できますが、
学科試験と製図の二つの試験を突破することが必要となっており、中々にそ
の門は狭いかもしれません。
こちらも受験資格に定めはないため、自信のある方にはオススメです。

4位 インテリアコーディネーター

こちらも受験資格に定め無しのため、誰にでも受験可能です。
一次の学科試験と二次の論文作成で試験が構成されており、プレゼンも含ま
れているため社会人経験のある方向けの資格かもしれません。

5位 インテリア設計士

日本インテリア設計士協会が主催している資格です。
こちらは専門学校での卒業、または建築士資格を持っている事が受験条件
となっているため、そもそものハードルが高い資格です。
その分専門的な知識が備わっている事が証明される点はメリットですね。

インテリアに関する資格のご紹介でした。
いかがでしょうか、思っているよりも多くの資格はハードルが低いと感じた
方も多いのではないでしょうか?
興味が強くなったら、この機会にチャレンジを検討してみてくださいね。

おすすめの記事